<<   2017年 10月   >>
S MTW TF S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     

検索・ログイン
ログイン
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
管理者ページ
新着記事
カテゴリー

月別記事
ランキング
コメント
リンク
プロフィール
その他

POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
PHP
PostgreSQL
SKIN BY
ブログンサポート

webalizer の不調
squeezにしてからつい最近まで気付いていなかった不調がもう一点。サイトのアクセス解析などをやってくれるwebalizerをcron.dailyで回していたのですが、これがいつの間にやら動いてなかったという。
syslogにエラーが出ていなかったので、おそらくエラー吐かないような設定にしちゃっていたのか気付かなかったのだろうと思い、手動で動作させてみると、
Error Opening file /usr/share/GeoIP/GeoIP.dat
というエラーが。 なんすかコレ? とわかんない事はGoogleで調べるという事でサクッと検索すると、ふむふむ、GeoIPというのはIPアドレスから地理情報を得る仕組みだそうで、コマンドラインツールなどで国情報を取れたりするらしい。 そういえばwebalizerは前からアクセス元の国情報とか収集してたし、おそらくパッケージが新しくなってGeoIPを使うようになったのだろうと思いました。

/etc/webalizer/webalizer.confを見ると、やっぱりそのような記述が。デフォだと使うから、使いたくなかったらnoにしてねだと……orz ま、いいや、面白そうなツールなので、この際導入します。
apt-get install geoip-bin geoip-database
してインストール。パッケージサーチすると、他にもlibgeoip1とか、libgeo-ip-perlとかあるみたいですが、必要になったら導入しよう。
試しに自分のサーバのIPアドレスでgeoiplookup XXX.XXX.XXX.XXXなんてやってみると
GeoIP Country Edition: JP, Japan
と返ってきます。すげー。これでwebalizerも今まで通り動作してくれるようになりました。
ソフトウェア::debian◇09:26◇comments (1)trackback (0)
コメント
同じくsqueezeにしてエラーが出たので参考になりました。
◇検索男◇EMAIL◇URL◇11/05/25 07:03◇XMcmwbxM◇
コメントする









画像の文字を半角で入力して下さい。
この記事のトラックバックURL
http://www.ikumi-u.net/blogn/tb.php/4
トラックバック