<<   2017年 10月   >>
S MTW TF S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     

検索・ログイン
ログイン
現在のモード: ゲストモード
USER ID:
PASS:
管理者ページ
新着記事
カテゴリー

月別記事
ランキング
コメント
リンク
プロフィール
その他

POWERED BY
POWERED BY
ぶろぐん
PHP
PostgreSQL
SKIN BY
ブログンサポート

デジカメ購入 2014秋
DMC-XS3 昨年の11月に記録用として買ったFH6が、困った事に電池蓋の留が壊れてカパカパになってしまいました。併せてMODEの少なさと、通常撮影の不満で新しく買う事にしました。

選んだのは Lumix DMC-XS3 という、薄型でエントリーモデルよりちょっと高級なタイプです。お値段も少し上がって一万円を超える値段でしたが、性能も画質も概ね満足しています。1/2.3inch で 1400万画素の機種は、ほとんど無くなってしまったので。

もちろん買う時には裏蓋をしっかり見て、壊れやすい構造では無い事を確認しました。こう言う部分はネットショップやオンラインのカタログでは分からないので、実機を売っている店舗がありがたいです。

FH6の電池蓋 こんな感じでなかなか豪快にカパってます。プラスチックの蓋の右端に、小さな爪があってそれが本体に引っ掛かって留まるようになっていました。あらためて構造を理解すると、とても心許ない壊れやすい仕様です。

コンパクトデジカメは収益が悪くて、各社とも高級タイプにシフトしている中、数少ない廉価タイプを作っているPanasonicなので、こう言う部分は手を抜かずにがんばって欲しいと思いました。
ハードウェア::デジカメ◇07:02◇comments (0)trackback (0)
コメント
コメントする









画像の文字を半角で入力して下さい。
この記事のトラックバックURL
http://www.ikumi-u.net/blogn/tb.php/46
トラックバック