じょうろと蓮口

お花の手入れもほとんど必要のないこの時期、ガーデニング用品のお手入れや見直しをしてはいかがでしょう。わたしがいま使っているじょうろが使いやすくておすすめなので紹介しようと思います。

サイズは 6L 以外に 4L と 10L がありますが、6L でも一杯まで入れると重いです。

ホームセンターで売っている物よりは割高なのですが、使いやすいと感じているポイントがいくつかあります。

  • 吸水口が丸くて大きすぎない

よく見かけるじょうろは、楕円形の吸水口が多いですよね。デザインの都合なのか分かりませんが、丸い方が蛇口から入れる時に方向を気にしなくて楽です。大きすぎないのも大事で、庭に出していることが多いので口が大きいと落ち葉やゴミが入ってしまいます。

  • 全体の高さが低くて、特に吸水口の位置が低い

これは案外見落としがちですけど、洗面台みたいに蛇口が低い位置にあるところから水をもらおうとすると、この吸水口の低さが生きてきます。学校のお手伝いで花壇の植え込みをやった時近くの水道がトイレにしかなくて、家から持っていったこのじょうろが役に立ちました。

  • 蓮口が金属じゃない

え、金属の方がいいんじゃないの? と思われるかもしれません。でも金属の蓮口って、一年くらい使うと細かい穴に水垢がついて、シャワーがかたよったり出にくくなったりするんですよね。

液肥をマメにやる方なら分かると思います。このじょうろは軟質のキャップ構造になっていて、出が悪くなったなと感じたら外してブラシで軽くこすり洗いすれば元通りになります。金属じゃないので水垢もつきにくいです。

 

他には両手で持った時に持ち手部分が掴みやすいとか、個人的な便利ポイントもあるのですがそこは善し悪しかな。シーズン中は毎日お世話になる道具です。少し使いやすさにこだわってみてもいいんじゃないかと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です