冬の寄せ植え第三弾 – スクエアブリキ鉢

イメージはクリスマス用の寄せ植えで作りました。ちょっとボリュームに欠ける感じがしますけど、姫ツルソバが育ってくれたらそれなりになるかな。

手前左より、バラ咲きジュリアン・マスカットのジュレ、セダム・チョコレートボール、中央にディスカンプシア・ノーザンライツ、奥は左がラミウム・ゴールドラッシュ、右が斑入り姫ツルソバです。

花色工房ハヤカワさんの、マスカットのジュレ。とても良い香りがします。お花も硬く締まって持ちが良さそうですし、花付きもすごく良いです。スィーツシリーズと銘打たれたジュリアンで、どの品種もとても可愛らしいです。ピーチフロマージュとザッハトルテも使いたかったけど、売り切れでした……残念。

チョコレートボールはほんとにチョコレート色の面白いセダムです。日本在来種のマツノハマンネングサの品種なので、寒さに強くて育てやすいです。暑さにはちょっと弱いので、関西の人だと水はけに注意しないと夏が厳しいでしょう。

ラミウム・ゴールドラッシュは葉焼けしやすい欠点がありますが、中央に入る白スジも可愛いし、濃いピンクのお花も楽しめます。春先はレモンイエローの葉になって、また雰囲気が変わります。華奢な見た目だけど常緑性なので、冬の間もライムイエローです。

そして中央にワサッとしてるディスカンプシア・ノーザンライツ。比較的新しい品種と思いますので、広く普及するのはこれからかな? カレックスに近い仲間に見えますが、こちらはイネ科のグラスです。なので綺麗な穂が出ます。

見た目はよく似て区別が付きにくい、カヤツリグサ科とイネ科のグラス類ですが、イネ科のグラスは総じてふわっとして綺麗な穂を出すものが多いです。ススキやパンパスグラス、ムーレンベルギアもそうですね。パニカムはちょっとまばらかなぁ。

このノーザンライツは綺麗な斑入り品種で、春先の芽出し頃にはピンク色も乗りますのでとても綺麗です。春の終わりに出てくる穂にも期待してます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA