冬の寄せ植え – 小判型テラコッタ

カラーリーフ主体の冬の寄せ植え第二弾です。今年は色々なガーデンシクラメンを見掛けましたので、積極的に使っています。中央にティアニスというガーデンシクラメンを。刷毛目の縁取りになって可愛いシクラメンです。花付きも良くておすすめです。

手前には左から、よく咲くスミレ・ラズベリー、セダム・スプリウム・ドラゴンズブラッド、ゴールデンクィーンタイム、奥側にホスタ・ドリームクィーン、ヒューケラ・オプシディアンがあります。あと、こっそり春咲きの小球根と、なぜかネジバナが数株。

よく咲くスミレはお花がお休み中……うん、まぁ、よく咲くよね、春には! ビオラの仲間は根を傷めると調子が崩れやすいのですが、サカタさんのこのシリーズは特にその傾向が強い気がします。一般的なビオラより扱い注意ですね。ただ、春の開花はほんとにすごくて、たぶんこの鉢の左半分埋めるくらいにお花が付きます。

ゴールデンクィーンタイムはレモンタイム系の選抜品種かな。香りがよくて斑の入り方が安定しています。ヒューケラのオプシディアンは最も黒く見える時期になりました。お花の残念さ以外は育てやすさ、まとまりのよい草姿とパーフェクトです。これでピンク系の花色だったら……

ホスタのドリームクィーンは古い品種です。地植えにするとかなり大株になります。グレートエクスペクテーションズの系統なので、芽数は少なく生長もゆっくり。寄せ植えで使うと大きな葉にならずにコンパクトにまとまります。ちょっと気難しい育てにくい面もありますが、寄せ植えに使いやすい丸葉のブルーリーフ品種としておすすめです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です