コゲラ

小さなキツツキです。この時期になると、林の間を飛び回る姿をよく見かけます。わたしはこの小鳥が大好きで、ギーギーという特徴的な声を聞くと思わず辺りを探してしまいます。

キツツキというと、木に穴を開ける鳥、みたいなイメージを持たれる方が多いと思いますが、コゲラの場合は木の皮の隙間や、割れ目の間の虫を食べたり、木の実を食べていることが多いです。

細い枯れている枝なら穴も開けられるかな? 巣穴作りは毎年行うそうで、枯れ木や木の枯れている太い枝に、雄と雌の協力体制で掘るらしいです。体も小さいし結構大変な作業じゃないだろうか。

毎年作り直すというのは調べるまで知りませんでした。草を編んで巣作りする野鳥は毎年作りますし、コゲラも新しい家の方が住み心地がいいのかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA