ガーデニング, 寄せ植え

二週間前に植えた「モミジの寄せ植え」のモミジが見頃になりました。日ごとに微妙な赤色が変化して、とても美しいと思います。春のモミジって、秋の紅葉とは違ったきれいさがあると感じています。

真ん中辺りの葉っぱや、その下の明るい色の葉っぱのように、葉脈の周りの色が薄く黄色みを帯びる変化が特徴です。元の品種の「鴫立沢」は緑葉なので、緑白色に緑の葉脈の明るい葉色になります。この「赤鴫立沢」もだんだんと緑に変化していくそうです。

ガーデニング, 寄せ植え

アジュガ・レプタンス「ピンクライトニング」がきれいに咲きました。寒さに強くて葉っぱも小さく可愛いおすすめアジュガです。マルチカラーという似た品種は、少し寒さに弱いみたいでだいぶ枯れ込んでしまいました。

さて、春に植え替えを進めていた寄せ植えのお花たちに、花芽が付き始めたので紹介したいと思います。

ガーデニング

シャクナゲも好きなお花の1つです。幾何学的に丸くかたまって咲くようすや、鮮やかな色彩もさることながら、濃い緑の葉との組み合わせも良い雰囲気だと思います。

なかでも西洋シャクナゲは育てやすくて花付きもいい、家庭向きの花木として人気があるものでした。でも最近は植えているお家をあまり見掛けなくなりました。ツツジやサザンカはそれほど少なくなった感じは無いのに、シャクナゲはめっきり……夏が暑すぎるのでしょうか?

プレジデント・ルーズベルトは斑入りの西洋シャクナゲで、とても古い品種です。わたしが子供の頃には近所のお庭に植えてあったのを覚えています。毎年咲くのが楽しみでした。

今は鉢植えでこぢんまり楽しんでいます。暑さに強いシャクナゲも育種されていますので、人気が復活するといいなぁと思います。

ガーデニング, 寄せ植え

カリブラコア プッチブルーGWの一週間前の土曜に三分一湧水館で「小さな花市」が開催されます。今年は3回目で元は八ヶ岳ファーマーズマーケットだったのですが、規模が大きくなりすぎて開催時期が5月下旬に、場所も移動しました。

大手の種苗メーカーさんも参加する大きなイベントになったので、人も集まるし場所のキャパも足りないしで致し方なしと思います。代わりに元の場所では地元の生産者中心に最初の頃と同じくらいの規模で直売イベントをやっています。

今年は昨日、土曜の開催でした。いいお天気な上に今年一番の? 暑さになるほど気温が上がって、たくさん来ていた人もお店の人も驚いていました。

写真

ニリンソウの花今日は気温が高くなると予報が出ていたので、長坂町の原生ビオトープウォーク、大深沢川コースへ行ってきました。原生ビオトープウォークとは、「地域本来の生き物たちが生活する場所を観察しながらゆっくり歩く」という意味だそうです。

自然と人の共存を目指すプログラムの一環だそうで、北杜市観光協会や地元企業も協力している活動です。JR長坂駅から歩けるコースで、S、M、Lの3コースが設定されています。今日は真ん中のMコース、およそ5kmのコースを歩いてきました。