カラーリーフの寄せ植え

ブリキ鉢でカラーリーフを中心の寄せ植えを作りました。ブリキのアンティークな雰囲気は、多肉の寄せ植えによく使われますし、カラーリーフとも似合います。

左奥からヒューケラ・ミラノ、ロニセラ・エドミーゴールド、カラミンサ・グランディフローラ斑入り、手前左からバーベナ・テネラ「ライム」、セダム・ヒスパニカム・パープル、ヒューケレラ・ゴールデンゼブラです。

どれもカラーリーフとして使って楽しいものばかりで、カラミンサ、ヒューケラ・ミラノ、バーベナはお花も楽しめます。ヒューケレラも初夏頃に白い花火のようなお花を咲かせますし、お花としても楽しめる寄せ植えにしています。

カラミンサ・グランディフローラは、ピンク色のサルビアのようなお花を付けます。葉にはパイナップルにミントの香りを足したような良い香りがあります。

ミラノはハルディンさんの都市名シリーズのヒューケラで、パリと並んでお花の美しさが特徴の品種です。ピンクの可愛いお花がたくさん咲きます。

バーベナは春から秋まで、白いお花が咲き続けます。花物としてはまばらで少し物足りないかもしれません。でも季節をまたいで咲き続けるのでアクセントにちょうど良いと思います。

セダムは紅葉の時期に紫が濃くなって、秋色の演出に役立ちますし、すき間を埋めるように広がってくれるので使いやすいです。

ヒューケラのお花が咲く頃にまた紹介したいと思っています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA