モミジの寄せ植え

そういえばモミジを使った寄せ植えをあまり見かけないと思って、ためしに作ってみました。ホームセンターで幹が自然に曲がったこのモミジを見かけたのがきっかけです。盆栽に向いた感じですね。

紅鴫立沢(べにしぎたつさわ)とラベルが付いていましたが、ネットでは「赤鴫立沢」の名前は見かけますが、紅はありません。赤鴫立沢というのが正しいようです。葉脈が白っぽく目立つ面白いモミジで、芽出しの紅色からだんだん黄緑に変化するそうです。

アンティーク調のブリキ鉢に、左奥からリグラリア・デンタータ、ヒューケラ・ドルチェ「バタークリーム」、ホスタ・ハルシオン、メカルドニアです。カラーリーフを主体に、初夏と晩夏に花をつける宿根草、春から秋までふわっと咲くメカルドニアでまとめてみました。

バタークリームはキャラメルと似た色合いのヒューケラですが、葉脈に差し色が入ること、葉の大きさも少し小ぶりなこと、色の変化が大きいことが特徴だと思います。一つの株でクリームイエローからオレンジ、カッパーブラウンまで葉によって色が変わるのが面白いです。

紅葉の時期はまたぐっと色の変化があって楽しめそうです。冬は寂しいかもしれませんけど。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA