花芽いろいろ

アジュガ・レプタンス「ピンクライトニング」がきれいに咲きました。寒さに強くて葉っぱも小さく可愛いおすすめアジュガです。マルチカラーという似た品種は、少し寒さに弱いみたいでだいぶ枯れ込んでしまいました。

さて、春に植え替えを進めていた寄せ植えのお花たちに、花芽が付き始めたので紹介したいと思います。

まずはこちら、柔らかそうな葉っぱと新芽ですが、アメリカアジサイ、いわゆるアナベルの品種の新芽です。左の方はまだ花芽になっていませんが、右の芽先が花芽になっています。

尖ったつぼみのようになっているのが見えますか? アジサイの仲間は集合花なので、つぼみのように見えますがつぼみが集まっている状態です。これから少しずつ大きくなって、一つ一つのつぼみがばらけていきます。

品種はピコティ・シャルマンというピコティー咲きのピンクのアナベルです。秋色に変化してもすてきでとても好きなお花の一つです。

はで目な斑入りでグランドカバーや寄せ植えに使いやすい、リシマキア・リッシーの花芽です。ギュギュッと詰まったような芽先になっていると、小さなつぼみが出来はじめている証拠です。

濃い黄色でロウ細工みたいなお花が咲くのは、あと一月くらい掛かるでしょうか。GW明けには黄色いつぼみが確認できそうです。

最後にハーブの花芽です。コモンセージという、一番普通のお料理にも使われるセージです。れっきとした宿根サルビアなので、初夏に青紫色のサルビアのお花を咲かせます。

まだ小さく固まっていますが、花穂(かすい)というつぼみの付いた穂が縮んでいる状態です。徐々に伸びて咲きそろう頃には香りも一段と強くなります。

お花の咲く前の兆しに注目してみました。待っているのも楽しみの一つです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA