寄せ植え向きのカリブラコア3つ

春から秋のお花といえば、ペチュニアやカリブラコアが人気です。最近ますます進化を遂げて、八重咲き、複色咲きなど見所が多いお花なのでわたしも大好きです。

単品植えで豪華な鉢花にする人も多いと思いますが、わたしは寄せ植えにすることが多くてあまりこんもりとはさせません。早めにピンチして全体のバランスをとるようにしています。

今年の寄せ植えで使ったあまりメジャーではないカリブラコアを、今まで育てた感想と一緒にご紹介します。

まず最初がオレンジの鮮やかさが美しいDCMブランドの「ポンポン咲くカリブラコア・オレンジ」です。いろいろなメーカーから出ているカリブラコアの中でも、節間が詰まって花付きの良い品種だと思います。半日陰でも良い色が出ています。

「八重に咲くカリブラコア」の名前で売っていました。D2さんで購入したお花ですけど、どこのブランドかな? 蛍光ピンクで花持ちが良くて、間延びしにくいと思います。花付きはやや少ない方でしょうか。寄せ植えには使いやすいです。

最後は以前にも紹介した、ゲブラさんの「プッチブルー」です。こちらも非常に花付き、花持ちが良くて間延びもしません。ただ、半日陰だと色が出にくいので、寄せ植えにするときは陰にならないように注意が必要かなと思います。

他にもカリブラコアではレモンスライス、ペチュニアではナイトブルー、ミス・マーベラスなんかを寄せ植えにしています。こちらはまたそのうちに。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA