やわらかで繊細なグラス

葉物が好きで中でもグラス類が好みです。その中で一、二を争うのがこのカラマグロスティス・オバーダムです。寒さに強い宿根グラスで、日本にも仲間のノガリヤス、ヤマアワなどが自生します。

真っ直ぐに伸びる性質が強くて、いっけん硬そうなイメージがありますが、とても柔らかい風になびく葉っぱをしています。ススキみたいに手を切ってしまうこともありません。

夏にふわっとしたタテに尖った穂を出します。縞斑の清涼感もあわせて涼しげな印象で、個人的に納涼グラスと呼んでいます。

ノガリヤスの仲間は林と草原の境のような環境に生えるので、かんかん照りで乾燥した環境は苦手なように思います。小さく株分けしすぎると、元気になるまで時間が掛かりますので、分ける時は10本以下にしないようご注意を。

タイムいろいろ-フォックスリータイム

ハーブの中ではタイムが特に好きなので、いろいろな寄せ植えに使います。フォックスリータイムは、お料理用よりグランドカバーやグリーン素材として人気のタイムで、耐寒性が高く育てやすい種類です。以前は写真に写っているような一品種だけでしたが、いくつか枝変わりや改良種が出てきたのでご紹介したいと思います。

“タイムいろいろ-フォックスリータイム” の続きを読む