コアニチドリ布袋咲き

コアニチドリの本拠地、秋田県産の大輪品種が「布袋」というコアニチドリです。でーすーがー、ちょっとこれは困った。果たしてこの花、ホンモノの布袋なのだろうか。かれこれ40年程前、子供の頃に一度だけ山野草店で布袋という名前の付いた、コアニチドリを見たことがあるのですが、その株の花はこんなに大きくなかったように記憶しています。

実生によって継代された、布袋系統なのか、自生地に複数株が存在した坪取りの品種だったのか。ちょっとその辺り判然としませんが、紅花の秋田美人もけっこう大輪の品種なので、布袋も大きいのが本来なのかもしれません。唇弁の中裂片が咲き始めに抱え込んでいて、布袋さまのお腹のように大きく丸いことが品種名の由来だそうです。

開いてくると縁がギザギザしていて、ウチョウランでいう仁王タイプのような花です。

ガーデニング,山野草

セッコク「紫金剛」の花

セッコクの斑入り品種は長生蘭と呼ばれて、江戸時代から続く古典園芸植物のジャンルになっています。しかし花の変異はあまり興味を惹かなかったのか、長生蘭としては扱われていなくて、山野草趣味の中での楽しみとなっています。わたしが子供の頃、ウチョウランやエビネがはやり始めた頃から、セッコクの花物というジャンルが生まれてきたように思います。

これは紫金剛(むらさきこんごう)という桃花の品種で、桃姫タイプと呼ばれるものだそうです。聞香庵さんから購入しました。優しい色合いでよい香りもあります。まだ展開していませんが、葉には蛇皮斑が入るそうです。桃花の品種は茎が長く伸びるものが多く、この品種も伸びます。

エノモトチドリ・白紫点

アップで見るとコアニチドリのようですが、花の大きさがイワチドリと同じくらいあります。エノモトチドリの白紫点花です。エノモトチドリはイワチドリとコアニチドリの交雑種で、両種の中間のような花になるものが多く、昔流通していたものは大体そうでした。

細長くなったイワチドリ、背丈は伸びるけど。という花で育てやすくてよく増えはしましたが、もう一つパッとしない印象でした。今では紅一点や無点、紫一点などいろいろなタイプが作られていて、育てやすさと花付きの良さでいずれはイワチドリに変わって人気者になるんじゃないかと思っています。

IT,Linux

以前に ACMEv1 問題のことで Alpine Linux のアップグレードをしました。これで安心と思っていたら、なんとこんなメールが……

Hello,
Your certificate (or certificates) for the names listed below will expire in 19 days (on 28 May 20 17:00 +0000). Please make sure to renew your certificate before then, or visitors to your website will encounter errors.
We recommend renewing certificates automatically when they have a third of their
total lifetime left. For Let’s Encrypt’s current 90-day certificates, that means
renewing 30 days before expiration. See
https://letsencrypt.org/docs/integration-guide/ for details.

more…

ようするに、あと19日で証明書の有効期限切れちゃうけど、更新しなくていいの? やり方分からないんだったら以下の説明見てね~、っていう親切なメールです。ウソんっ!? と焦ってコンソールから手動で certbot による更新を試したところ、今度は下のようなエラーが。

An unexpected error occurred:
MemoryError: Cannot allocate write+execute memory for ffi.callback(). You might be running on a system that prevents this. For more information, see https://cffi.readthedocs.io/en/latest/using.html#callbacks
Please see the logfiles in /var/log/letsencrypt for more details.

IY289紅一点にじみ

昨年も紹介した、紅一点のにじみがあるタイプで IY289 の番号が付いています。先に紹介した IY288 と同じ方の実生品種です。昨年の開花時にはどちらも同じような花で、紅の周囲ににじみがあるかないかくらいしか違わないなぁ、なんて思っていました。

しかし今年咲いた花を見ると、唇弁の色や紅点の色が両者でかなり違います。IY288 は明るい色で唇弁の周囲にはっきりとピンクを乗せますが、こちらの品種は周囲ではなくて少し内側にぼかしのようにピンクが入ります。更に紅点は黒みを帯びた赤紫で、だいぶ違うと感じました。