カンパニュラとカラマツソウの寄せ植え

花の小道さんで購入した宿根草の苗を中心に、初夏に向けて楽しめる寄せ植えを作りました。植え付けてから約一週間経過して、つぼみだったカンパニュラが咲き始めています。

左から時計回りに、ヒューケラ・プルケラ、アネモネ・アナベラ、アサギリソウ・オーレア、ツクシカラマツ、セダム・スプリウム、ゲラニウム・エスプレッソ、イベリス・ピンクアイス、そして中央にカンパニュラ・コリナです。

しばらく日陰にあったので、ピンクアイスがほとんど白のお花になっています。咲き終わりに近くなるとピンクになるそうなので期待です。カンパニュラは小さなお花が密に咲く可愛い原種。ツクシカラマツも山野草として有名な小型のカラマツソウです。暑さにも強くて育てやすいので、小さな寄せ植えではよく使うお花の一つです。

ピンクの線香花火みたいなお花が咲くのは、6月に入ってからですね。つぼみはたくさん付いているので楽しみです。