オキシデンタリス系オーレア

今季購入した大木ナーサリーさんのクリスマスローズをもう一点紹介します。ゴールド系が好きなので、またしてもゴールドのお花です。

コロコロした丸弁のカップ咲きで、草姿の割に一番花から背丈が出て咲いています。原種のオキシデンタリスは、ピレネー山などを原産地とする、濃い緑色の小花を咲かせる種類で、薬草として使われた歴史があります。

ヴィリディスと近縁で、以前は変種に扱われていました。原産地が重ならないことから今は別種になっています。ヴィリディスに比べてカップ咲きの形の良い個体が多いようです。

どちらの原種も育てていますが、オキシデンタリスに比べてヴィリディスの葉の色、お花の色とも明るい緑色で、抹茶のような色合いのオキシデンタリスとは違った印象です。慣れてくると葉だけの姿でも区別できます。

こちらの個体は葉の形はオキシデンタリスっぽくて、葉色はオーレア系のレモンイエローが感じられます。ヴィリディスの薄い緑とは違って、黄色みの強い緑という感じでしょうか。春になったら比べてみたいと思います。

ネクタリーのハニーゴールデンがアクセントになっています。全体に丸っとした可愛らしいお花だと思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です