セダムの花

セダム・チョコレートボールのお花が満開になりました。いくつかつぼみのものも残ってますけど、今がピークじゃないかな。マンネングサのお花によく似ています。ラベルにはマツノハマンネングサの品種とありましたが、それは間違いでウンゼンマンネングサという種類の銅葉品種らしいです。

マツノハマンネングサは絶滅危惧種で、青木ヶ原樹海とかすごいところに生えている種類なので、普通に寄せ植えできるはずないよなぁと思っていたので納得しました。

ウンゼンマンネングサにしても絶滅危惧種なんですけど、生育環境からマツノハよりは育てやすそうに思います。それにしてもどっちとも違う気がするんですよね。姿なら確かにマツノハに似ているし、性質は普通のマンネングサよりは過失に弱いけど……これはきっと雑種に違いない。

結局のところよくわかりません。どなたかの棚の上か寄せ植えの中で自然に交配されて生まれた雑種じゃないのかなぁと思います。遺伝子分析してくれる人がいればわかるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA