我が家のビオラ紹介

暖かい日が続いています。昨年秋に植えたビオラも、ちょうど見頃で毎日輝くような美しさです。昔にくらべたら一つのお花が長もちしますね。

最初のご紹介は「タイガーレッドアイ」という品種です。アンティークカラーにはっきりしたすじ模様。かなり特徴のあるビオラで個性的です。原種に近い性質なのか、お花の数は少なめで平面的に咲きます。

“我が家のビオラ紹介” の続きを読む

カラーリーフの寄せ植え

ブリキ鉢でカラーリーフを中心の寄せ植えを作りました。ブリキのアンティークな雰囲気は、多肉の寄せ植えによく使われますし、カラーリーフとも似合います。

左奥からヒューケラ・ミラノ、ロニセラ・エドミーゴールド、カラミンサ・グランディフローラ斑入り、手前左からバーベナ・テネラ「ライム」、セダム・ヒスパニカム・パープル、ヒューケレラ・ゴールデンゼブラです。

“カラーリーフの寄せ植え” の続きを読む

冬の寄せ植え3のいま

昨年の11月に作ったスクエアのブリキ鉢寄せ植えは、今こんな感じになっています。姫ツルソバは枯れるのを想定していましたが、プリムラも春を待たずに枯れてしまいました。寒さが厳しい年はプリムラも耐えられないことがあります。

その分ラミウムはとても順調でつぼみが付きました。ゴールドラッシュの名前に恥じない美しさです。チョコボールも新芽を伸ばして不思議な存在感を出しています。中央のディスカンプシアがこれから伸びてくると、夏に向けて涼しげな感じになるかも。

“冬の寄せ植え3のいま” の続きを読む

モミジの寄せ植え

そういえばモミジを使った寄せ植えをあまり見かけないと思って、ためしに作ってみました。ホームセンターで幹が自然に曲がったこのモミジを見かけたのがきっかけです。盆栽に向いた感じですね。

紅鴫立沢(べにしぎたつさわ)とラベルが付いていましたが、ネットでは「赤鴫立沢」の名前は見かけますが、紅はありません。赤鴫立沢というのが正しいようです。葉脈が白っぽく目立つ面白いモミジで、芽出しの紅色からだんだん黄緑に変化するそうです。

“モミジの寄せ植え” の続きを読む

春の寄せ植え-その1のいま

植えてから一週間ちょっと経った状態です。イチゴの葉が増えて、金魚草につぼみが見えています。レモンタイムとフレンチラベンダーも、枝が落ち着いて自然な感じになりました。

フレンチラベンダーは、バンデラという品種でした。とてもコンパクトになる性質で、小さな寄せ植えに向いているようです。そろそろ花の部分をピンチして、次のつぼみを期待しても良い頃合いです。