IT,Linux

久しぶりに IT 関連の話題なのですが、最近は稼働維持だけでほとんどいじっていなかった、Drupal8 勉強用のサーバーで、Let’s Encrypt からメールが届きました。

Hi,
According to our records, the software client you’re using to get Let’s
Encrypt TLS/SSL certificates issued or renewed at least one HTTPS certificate
in the past two weeks using the ACMEv1 protocol. Here are the details of one
recent ACMEv1 request from each of your account(s):
Client IP address: XXX.XXX.XXX.XXX

最初の部分だけの抜粋ですが要約すると、証明書を取得する際に使うプロトコルのバージョンを ACMEv2 に移行するから、6月から ACMEv1 使えなくなるから注意してね、ということみたいでした。AlpineLinux は 3.8系だったので、この際にアップグレードしてしまうかと 3.10系にアプグレード。

証明書取得に使う certbot も 0.35.1 になっているので、ACMv2 にも対応しているはずです。とりあえず PostgreSQL のバックアップ取らずにアップグレードかけて Drupal8 の DB飛ばすという間抜け行為さえなければ完璧でした。settings.php 初期化してやり直しましたが、Drupal8 のバージョンも上がって日本語化もインストールウィザードもだいぶ良くなってますね。

ガーデニング

わたしが高校生くらいの頃に初めて見かけたように思います。ニオイハンゲというバナナのような香りのする小型のサトイモ類があって、それに似た感じで花に特徴のある小型の山野草という雰囲気。

いつの間にか広まって、割とどこの山野草店でも見かけたように思っていましたが、つい最近久しぶりに育ててみようと探してもどこにも売っていません。ネットで栽培している人の話も2016年頃からあまり情報がなくなっている感じです。その頃に何かあったのでしょうか。

ガーデニング,クリスマスローズ

ようやくデュメトルム・ダブルが咲きました。右の花茎の一番花が開いています。こんなに低い位置で咲いているので、お花を持ち上げないと中の様子が分かりません。この株は昨年植え替えていないので、表土を2cmくらい取り除いて地際を清潔な用土に交換します。

毎年植え替えてもいいのですが、原種は根の伸びがゆっくりでまだ鉢いっぱいには回っていないようなので、もう一年このまま育てようと思います。ただ、肥料やら何やらで表土付近は水はけが悪くなっていますので、温かくなる前に株元まで入れ替えます。写真だと根の付け根あたりが少し見えています。

オキナワチドリ紅一点

紅一点花が開花しました。昨年よりはマシと思いますが、まだ花が貧弱な感じを受けるので本咲きではないと思います。オキナワチドリは球根に力がなくても花の数はそれほど減らないで、大きさが一回り、二回りと小さくなります。特に唇弁の側裂片の発達に影響するようなので、もう一年しっかり育ててようやくちゃんとした花形の、本来の大きさで咲いてくれると思います。

ガーデニング,クリスマスローズ

デュメトルム・ダブルのつぼみ

固かったつぼみもようやく膨らみ始めて、一週間くらいで咲いてくれそうです。デュメトルムのつぼみは、最初は抹茶グリーンなんですが育ってくると黄緑色に変化します。同じ緑色にしか見えませんが、花びらが生長するときに葉緑素とは別の色素が発現しているような感じがします。

デュメトルムを交配に使うと色が濁る、幾人かの育種家に聞いた話です。濁るという表現は印象が良くないですけど、緑色が入るということのようでした。葉緑素なら元々全てのクリスマスローズが持っていますし、デュメトルムには何か違う緑色の色素があるのかなぁなんて思います。