IT,Linux

Drupalにはサーバーの情報をまとめて見せてくれる「サイトの状態」というページがあります。Drupalを構成している本体、Webサーバー、PHP、DBのバージョンなどを表示するだけでなく、それぞれのモジュールの更新状況や、必要な場合には更新のためのリンクも表示してくれるので、サーバーアプリを最新の状態に保つにはとても便利な機能です。

有楽x群青

福山えびねさんの交配えびね第二弾は、雪白弁桃舌の有楽と緑弁青舌の群青の交配株です。飛鳥と神楽舞の交配でも感じましたが、両親の中間の性質を示すことが多いようですね。花色に関してだけかもしれませんが面白いものです。

強風でつぼみと花茎に傷を作ってしまいました。今日は風が強くないだろうと思っていても、夕方の3時間だけ突風が吹いたりこの時期の山梨は恐ろしいです。

先日紹介した「御代の旗」と同じくラブリーガーデンさんから入手した、新島産のニオイエビネ「紫聖殿」です。御蔵紫聖殿というニオイエビネが濃い紫の梅弁で有名ですが、それとは別の品種です。おそらくですが御代の旗と同じ時代に選抜された古くからあるニオイエビネだと思います。

この品種もとてもよい香りがするニオイエビネで、御代の旗と香りは同じと感じました。少しだけ御代の旗の方が香りが強い気がしました。

飛鳥x神楽舞

最初は、エビネガチャというタイトルにしようかとも思ったのですが、ガチャってあまりイメージがよくないのでこちらのタイトルにしました。でもやっていることは変わらないのですけどね。交配苗の今春開花見込み品を購入して、どんな花が咲くかワクワクしながら楽しみに待つというものです。

最初に咲いたのがこちら、福山えびねさんからヤフオク経由で購入の、大輪丹頂花の飛鳥x黄弁赤舌大輪の神楽舞で咲いた花です。強風で花茎とつぼみのいくつかに葉擦れによる黒シミを出してしまいました。ほんとうに甲州の春先の「馬鹿風」はひどいものです。台風並というか台風そのものの強風が一日吹き荒れます。

ニオイエビネ「御代の旗」

とてもよい香りの原種エビネ、ニオイエビネの「御代の旗」が咲きました。右の新葉の先は霜に当ててしまったために痛めてしまいました。油断大敵です。赤紫というか、葡萄色の細弁に形のよい白舌がまとまりの良さを感じます。

咲くときに寒さに当ててしまったせいか、花茎の伸びが中途半端で止まってしまってます。本来はもっとすっきり伸びる品種だと思います。四国のラブリーガーデンさんから購入しました。