岩千鳥「紀牡丹」

昨シーズンに入手した、古典品種です。開花は初めてで球根が小さいためちんまり咲いています。旧日本イワチドリ愛好会の登録品種で、No.14「紀牡丹(きぼたん)」という銘です。会誌第一号に掲載された最初期の品種なので、古典も古典、オリジンと言ってよいものでしょう。

熊野川で採取された自然種で喉元に濃い二点が入るのと、全体的に赤味が強くて、ピンクの花という特徴があります。他の岩千鳥と並べるとよく分かるのですが、紫の色素をあまり感じません。たくさんの花の中でこそ目立つ品種と思います。オーソドックスな花形でイワチドリらしいのも好みです。

オオイワチドリ黒軸

夏日になる日も増えてきました。山梨は緊急事態宣言解除になりましたが、まだまだ油断のできない状況が続いているので、外出時のマスク着用は続けていこうと思います。

さて岩千鳥が元気に咲いております。一番手はやはりオオイワチドリの黒軸で、昨年も開花が早かったのですが今年も最初に咲きました。一鉢に大きい球根を5個植えていますが、花付きが良いせいで豪華に見えます。一株に10花近く付いていそうです。

三重県産ワインレッド

三重県産の赤花系で無銘品のようです。オークションで入手したもので、写真通りのきれいな花が咲きました。球根は小さめでしたが咲いてくれて良かったです。特徴としては白ヒゲと呼ばれる釣り糸の部分が素心になるタイプ。

赤味はまぁまぁ、最近の純度の高い赤花のように鮮やかさはありませんが、ウラシマソウとしては自然な感じで発色も良いのでいい系統と思います。

ウチョウラン黄金葉

オークションで入手しましたが、そのときの名前がイワチドリの黄金葉でした。ウチョウランなのは間違いないので、勘違いされたのかと思います。おそらく実生で生まれた葉変わりの品種と思います。

いままでいくつか斑入りのウチョウランは見たことがあったのですが、ありそうで無かったのが黄金葉じゃないかと思い、出品を見たときは驚きました。芽出しの頃は少し黄緑が強かったのですが、後冴の品種のようで後からしっかりと黄色になってきました。

花は普通の斑紋花のようですが、黄色とピンクで見栄えが良さそうです。花の時期にまた紹介したいと思います。

ナンゴクウラシマソウ

分類者によってはウラシマソウと同種として、こちらが基本種になります。ウラシマソウはナンゴクウラシマソウの変種扱いです。まぁ言いたいことは分かりますが、ここまで違いがあるなら別種でよいと思います。付属体の下部に縦皺が顕著に表れる、というのが違いとされていますが、他にも小葉が細くウラシマソウより多いとか、付属体の伸び方が違うとか、細かく見ていくと違いはいろいろあるようです。